MASPROMASPRO

  1. マスプロホーム
  2. 新製品情報
  3. 業界トップクラスの小型、高出力、低消費電力!家庭用BS・CSブースターを新発売!

新製品情報新製品情報

2014年1月20日

業界トップクラスの小型、高出力、低消費電力!
 家庭用BS・CSブースターを新発売!


 マスプロ電工は、家庭用BS・CSブースターBCB35を1月下旬、DC15Vで作動するブースターやBS・110°CSアンテナなどに電源を供給する電源供給器BPS5を2月下旬から発売します。
 今回発売するブースターは、増幅部の容積を当社従来品から約55%削減し、業界トップクラスのコンパクトサイズを実現。加えて、105dBμV(24波時)の高出力、1.7Wの低消費電力も実現しました。また、マスト取付金具を付換えることにより、サイドベースのアーム部など、水平のマストにも設置可能ですから、設置場所が拡がりました。
 電源供給器BPS5は、容積を当社従来品から約40%削減し、約18VA(定格負荷 0.5A使用時)の低消費電力を実現しました。
※  2014年1月10日現在、家庭用ブースター(ラインブースター、プリアンプを除く)として(マスプロ電工調べ)
    BS・CSブースター BCB35増幅部と電源部BPS5B、電源供給器BPS5

製品名 型式 希望小売価格
(税別)
BS・CSブースター 35dB型 BCB35 ¥26,000
BS・CSブースター 35dB型 BCB35(A) ¥15,000
電源供給器 BPS5 ¥11,000

BCB35(A)は、BCB35の増幅部のみです。

開発の背景と意図

 2012年3月に地上デジタル放送に完全移行し、地上、BS、110°CSの3つの放送に対応したデジタル放送受信機器(デジタルテレビやデジタルレコーダーなど)が普及しました。また、本年はソチ冬季オリンピックやFIFAワールドカップ ブラジル大会が開催され、地上、BS、110°CS対応のデジタル放送受信機器の需要が増えるとこが予想されます。しかし、テレビなどは対応しているにも関わらず、テレビ受信システムはBSデジタル放送や110°CSデジタル放送に対応していない世帯が数多くあります。
 これらの施設で新たにBS、110°CSデジタル放送を安定して受信、視聴するには、BS・110°CSアンテナの設置のほか、BS・CSブースターを設置する必要があります。
 これらの背景から、従来機種からさらに小型、高出力、低消費電力化を実現し、設置時の作業性を向上させたBS・CSブースターBCB35を開発しました。

主な特長

業界トップクラスの小型、低消費電力、高出力

増幅部の容積を当社従来品から約55%削減し、業界トップクラスのコンパクトサイズを実現。加えて、105dBμV(24波時)の高出力、1.7Wの低消費電力も実現しました。
※ 2014年1月10日現在、家庭用ブースター(ラインブースター、プリアンプを除く)として(マスプロ電工調べ)

多様なマスト取付方法(増幅部)

従来の垂直のマストへの取付けに加え、マスト取付金具を付換えることによって多様なマスト取付方法(増幅部)
サイドベースのアーム部など、水平のマストにも取付けられます。

電源部の壁掛け取付け

従来の木ねじによる壁面取付だけでなく、背面にあるフック取付板で壁面に電源部の壁掛け取付
取付けた市販のフックなどに電源部を掛けることができます。

異常お知らせ機能

増幅部と電源部の間でショートしたり断線した場合、電源部作動表示灯の色でお知らせしますから、受信不具合時の確認が容易になります。

 異常お知らせ機能

新構造の防水キャップ

ケーブルを通すとき、キャップの端を切る必要がありませんから、ハサミなどの工具が不要です。また、F型コネクター付のケーブルもそのまま通せますから、既設ケーブルを再利用するとき、コネクターを再度取付ける手間がなく、作業が短縮できます。
 新構造の防水キャップ

銘板の色でブースターの機種が判別可能

機種ごとに銘板の色を分けていますから、屋根の上に登ることなく、どのブースターか一目で判別ができます。

 銘板の色

環境に配慮した製品。だからeco。

だからeco◆製品パッケージを単色としたことで、省資源を実現しています。
◆防水キャップは加工の必要がない新構造を採用し、設置作業時の廃棄物を抑制します。
◆無鉛はんだの採用、カドミウム・水銀などの不使用により、EU(欧州連合)の特定有害物質使用規制(RoHS指令)に適合しています。

ページの先頭へ戻る