MASPROMASPRO

  1. マスプロホーム
  2. 新製品情報
  3. 低損失ダイポールを採用し、利得性能が向上!共同受信用 UHFアンテナを新発売!

新製品情報新製品情報

2015年7月9日

低損失ダイポールを採用し、利得性能が向上!
 共同受信用 UHFアンテナを新発売!

 マスプロ電工は、共同受信用 UHFアンテナ UAM204Nを8月上旬から発売します。
 今回発売する共同受信用UHFアンテナは、低損失ダイポールを採用することにより、利得性能が向上しました。また、支持ブームの仕様変更により、組立てやすく、軽量化を実現しました。

製品特長

高い利得性能

低損失ダイポールの採用、アンテナのエレメント長やエレメント間隔の最適化により利得性能が向上しました。

 

uam204n_01.jpg

uam204n_02.jpg

製品名 型式 希望小売価格
(税別)
共同受信用 UHFアンテナ 20素子 UAM204N ¥17,400

開発の背景と意図

 地上波デジタル放送で使用する周波数帯域が、携帯電話のサービス拡大などにより、470〜770MHzから470〜710MHzに変更されました。これにより、その周波数帯域に合わせたUHFアンテナが求められてきました。
 今回開発した共同受信用 UHFアンテナは、このような市場の要望に応えるため、アンテナのエレメントの長さやエレメントの間隔を最適化、低損失ビームダイポールに変更することで、利得性能が向上しました。その他にも、支持ブームの仕様変更により、軽く、取付けやすい構造になっています。

その他の特長

確実にブームを固定できる組立てやすい支持ブームの採用

支持ブームの仕様変更により、軽量化を実現しました。ブームと支持ブームを2か所で固定するだけで、組立てることができますから、容易に設置できます。

uam204n_03.jpg

環境に配慮した製品。だからeco。

eco.jpg無鉛はんだの採用、カドミウム・水銀などの不使用により、EU(欧州連合)の特定有害物質使用規制(RoHS指令)に適合しています

ページの先頭へ戻る