JPEG版パンフレット
PDF版パンフレット
製品写真ダウンロード
'09年12月10日

業界最高クラスの利得を実現!※
共同受信用超高性能UHFアンテナを新発売!
好評発売中の地デジアンテナTMHシリーズが共同受信用にも登場。

マスプロ電工は,共同受信用で地デジ専用のUHFアンテナ2機種,UDK20TMH(耐食アルミニウム製)とUSK20TMH(ステンレス製)を12月15日から発売します。全国で地上デジタル放送に使用されている総チャンネル数の約6割がch.13〜28の周波数帯域です。このアンテナは,そのch.13〜28の周波数帯域において,受信利得(電波を捕らえる能力)を10.5〜13.7dBと非常に高く設計したため,従来のオールチャンネル(ch.13〜62)対応品に比べ高感度で,弱電界地域の地デジ受信に最適です。

※ 2009年11月20日現在,共同受信用20素子UHFアンテナ(ch.13〜28まで)として(マスプロ電工調べ)

共同受信用 UHFアンテナ UDK20TMH
共同受信用 UHFアンテナ USK20TMH

製品名 型式 希望小売価格
(税込)
税別価格
共同受信用UHFアンテナ
耐食アルミニウム製
UDK20TMH
\36,750
\35,000
共同受信用UHFアンテナ
ステンレス製
USK20TMH
\97,650
\93,000

■ 開発の背景と意図

現在,2011年7月24日の地デジ完全移行に向けて,集合住宅などで地デジの導入がすすめられています。しかし,送信塔から遠い弱電界地域では,大型のアンテナでも受信できないことがあり,また,県域放送なども送信レベルが弱いため受信できないことが多くありました。
マスプロ電工は,このような事例に対応するため,地上デジタル放送で主に使用されているch.13〜28の周波数帯域において,利得(電波を捕らえる能力)が10.5〜13.7dBと優れている共同受信用UHFアンテナを開発しました。

■ 主な特長

  • 業界最高クラスの利得性能
    導波器の長さ,位置を最適化し,大型のコーナーリフレクターを採用したことにより,従来製品に比べch.13〜28で平均約2dBの高利得化を実現しました。
     
    アンテナ部位説明
    動作利得(感度)表
  • 抜群の耐久力(USK20TMH)
    従来アルミダイカスト製の部品が使用されていた箇所をステンレス製に変更したことにより,塩害や化学公害に強くなり,また,雪害や鳥害に強い構造ですから,耐久力が抜群です。

  • 環境にやさしいアンテナ。だからeco。
    だから エコマーク 無鉛はんだの採用,カドミウム・水銀などの不使用により,EU(欧州連合)の特定有害物質使用規制
    (RoHS指令)に 適合した,環境負荷の少ない製品です。

ページの先頭へ戻る