新しい放送規格で今までに味わった事のない新しい感動が駆け巡る

4K8Kとは?

What is 4K / 8K?

これまでと何が違うのか?

広色域化

広色域化

表現可能な色の範囲が
大幅に拡大する。

画像の高速表示

画像の高速表示

動きの速い映像も「ぼやけず」
「なめらかな」表現が可能になる。

多階調表現

多階調表現

色や明るさの変化が滑らかになり
より自然な表現が可能になる。

輝度

輝度

映像で表現できる明るさの範囲が
大幅に拡大する。

4K8Kは超高精細度テレビジョン(スーパーハイビジョン)放送とも呼ばれ、
画素が増えて密度が高くなり、HDR技術により、
現在の放送と比べて各段に美しくなります。
また、8K放送は22.2マルチチャンネルにより、
その場所にいるかのような臨場感あふれる音響を体感できます。

4K8K放送の魅力について動画で解説

(総務省提供動画)

2018年12月から実用放送が開始される衛星放送。
4K8K放送の魅力や、試聴に必要な対応機器、適切に受信するための動画をご紹介します。

4K8Kの魅力

4K8Kの魅力

4K8K放送を視聴するために

4K8K放送を視聴するために

BS・110度CSによる4K8K放送を適切に受信するために

BS・110度CSによる
4K8K放送を適切に受信するために

4K8K放送開始、普及までのロードマップ

新4K8K衛星放送の周波数帯域

2018年12月以降に本放送開始予定の新4K8K衛星放送は、従来の2071MHzより高い周波数3224MHzまでを使用します。
放送サービスによっては、周波数帯を保証する機器に交換する必要があります。