よくあるご質問

FAQ

- 1 -4K・8Kについて

2K・4K・8K放送の違いは何ですか?

2K(フルハイビジョン)放送は、従来からある地上デジタル放送※、ケーブルテレビ、BS・110℃Sデジタル 放送(右旋円偏波)や124/128℃S(スカパー! プレミアムサービス)放送です。
それに比べ、4K放送は2Kの4倍、8K放送は2Kの16倍の画素数がある放送です。

- 2 -4K8K放送について

右旋や左旋とは何ですか?

右旋や左旋は、円偏波と呼ばれる電波の進み方を表します。
偏波を右旋・左旋と分けることで同じ周波数でも2倍に増やして活用できます。
従来から使用されている右旋円偏波(BS放送・スカパー!放送)に加え、今後、新たに左旋円偏波を活用した4K8K放送が運用予定です。

4K8K放送はいつから放送されますか?

124/128°CS放送(スカパー! プレミアムサービス)による4K実用放送は既に始まっており、BS・110℃の左旋円偏波による新4K8K実用放送開始予定は、2018年を予定しています。

- 3 -視聴するための準備について

BS・110°CS放送による4K8K放送対応機器と従来のテレビ受信機器との違いはなんですか?

対応している周波数帯域が違います。
4K8K放送対応機器は、BS・110°CS左旋円偏波で使用される 2224~3224MHzまでの帯域に対応しています。

BS・110°CS放送による4K8K放送は、今までどおりの受信設備で見られますか?

従来のBS・110°CSアンテナでは、4K8K放送をすべては受信できません。
すべての4K8K放送を視聴するためには、「4K8K放送対応BS・110°Sアンテナ」と「4K(8K)衛星放送に対応したテレビ チューナー」が必要です。
また、現在の受信設備(ブースター、分配器、テレビ端子など)を4K8K放送(3224MHz)対応の機器に交換する必要があります。

4K8K放送対応BS・110°CSアンテナで従来のBS・110°CS放送を受信することはできますか?

「従来のBS・110°CS放送」と「4K8K放送※」の両方を同時に受信することができます。
※スカパー!プレミアムサービスは受信できません。

4K8K放送対応BS・110°CSアンテナは、従来のBS・110°CSから送られてくる 右旋円偏波信号と将来放送される予定の左旋円偏波の信号を同時に受信し、2つの信号を1032~3224MHzの周波数帯に変換しています。 それにより、従来のような同軸ケーブル1本での伝送と分配器の使用が可能です。

- 4 -対応機器について

4K8K放送の全てのチャンネルを視聴するためには、どんな機器が必要ですか?

下図4K8Kマークのついている機器は4K8K対応の製品に換える必要があります。

BS・110°CS放送による 4K8K放送対応のレベルチェッカーはありますか?
また、従来のレベルチェッカーをバージョンアップして4K8K放送を測定することはできますか?

LCT5は、BS・110°CS放送による4K8K放送を測定できます。
従来のレベルチェッカーでは、測定帯域が異なるため測定できません。

BS・110°CS放送に4K8K放送対応の同軸ケーブルはありますか?

S4CFBS5CFBが4K8K放送(3224MHz)に対応しています。

- 5 -SHマークについて

SHマークとは何ですか?

SHマーク(スーパーハイビジョン受信マーク)とは、BS ・110°CS右左旋放送受信帯域に対応した機器のうち、一般社団法人電子情報技術産業協会で審査・登録され、 一定以上の性能を有するスーパーハイビジョン衛星放送受信に適した衛星アンテナ、受信システム機器に付与されるシンボルマークで、その性能を証明するものです。
対象機器には、BS ・110°CS放送受信アンテナならびに、ブースター(増幅器)、分配器、壁面端子、混合器・分波器、直列ユニットがあります。

SHマーク登録機器は使って安心

遮へい性能が低い機器は、機器からの電波漏洩により他の無線サービスヘ影響を与え通信速度の低下等を発生させます。
また、他の無線機器等から影響を受け、4K8K放送に 受信障害等が発生します。このため、SHマーク登録制度運営規定では、電波漏洩に関する規格を規定しており(BS・110°CS右左旋偏波受信アンテナは除く)、その規格は、法制化された基準値より厳しい値です。SHマーク登録機器は、ケーブルとの接続部分がコネクタタイプとなっており、機器本体も金属ケースを採用していますので、電波の漏洩を遮へいする性能だけでなく、外部からの不要 な電波の飛び込みを遮へいする性能にも優れています。

SHマークには、どのような機器がありますか?

衛星放送ホーム受信アンテナとホーム受信システム機器があります。

- 6 -4K8K放送の今後について

地上デジタル放送で4K8K放送サービスの予定はありますか?

現在、地上デジタル放送による4K8K放送サービスの具体的な計画はありません。(JEITAより)